メニュー

その他の婦人病について

こちらの内容については、以前ブログに書いていた内容を編集したものになります。

Q:婦人科で双角子宮という子宮奇形といわれました。妊娠や出産はできるのでしょうか?(2010.09.30更新)
子宮は子宮頚部という子宮の出口の部分と子宮体部という子宮の奥の部分(妊娠する場所)の2つの部分に分けられます。子宮の形態異常を子宮奇形と呼びます。超音波検査、子宮卵管造影検査、MRIなどにより診断さ… ▼続きを読む

Q:子宮ファイバースコープ検査とはどのような検査なのでしょうか?(2010.09.10更新)
子宮ファイバースコープ検査は子宮鏡検査とも呼ばれます。細い内視鏡を子宮の中に入れて、子宮の内部を観察します。この検査は月経開始より10日目前後で行います。検査中にはある程度の下腹部痛がおこることがあ… ▼続きを読む

Q:排卵期出血とはどういうものですか?(2010.08.12更新)
排卵期出血は中間期出血とも呼ばれます。月経周期が28日周期の方ですと、おおよそ排卵の時期は月経開始14日目前後になると考えられます。この時期には卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用に… ▼続きを読む

Q:内視鏡のロボット手術について報道がありますが人間ではなくロボットが手術を行うのでしょうか?(2010.07.30更新)
現在おこなわれているロボット手術は鉄腕アトムのようなロボットが手術を行うというものではありません。手術を行う人間の医師の手の動きを、手術器具であるロボット鉗子が忠実に再現して行う手術のことです。医師… ▼続きを読む

Q:卵巣のう腫で腹腔鏡手術を勧められました。お腹には傷は残るのでしょうか?(2010.07.28更新)
腹腔鏡手術では開腹手術に比べて小さな手術創で手術を行います。下腹部のどの部位から腹腔鏡手術の器具を入れるのかは、手術を行う施設や患者様の病気の状態により違います。一般的にはおへその上あるいは下に1c… ▼続きを読む

Q:パートナーがクラミジアと診断されました。私には症状がありませんが婦人科を受診した方がいいですか?(2010.07.25更新)
クラミジア感染症は性交渉により感染がおこる病気です(性行為感染症)。パートナーの感染が確認されたなら、ご自分にも感染している可能性が高いので医療機関に受診することを強くお勧めします。男性・女性の一方… ▼続きを読む

Q:カンジダ腟炎で処方された塗り薬が家族の水虫の塗り薬と同じでした。薬の間違いではないでしょうか?(2010.07.15更新)
カンジダ腟炎・カンジダ外陰炎はカンジダ・アルビカンスという真菌(カビ)の一種による膣や外陰部の炎症で、かゆみやおりものが症状としてあらわれます。一方、いわゆる水虫とは白癬菌という真菌(カビ)の一種に… ▼続きを読む

Q:性交渉のあとに出血がありました。婦人科に受診した方がいいでしょうか?(2010.07.06更新)
性交渉により膣や子宮腟部(子宮の入り口の部分)に傷が出来ることがあります。そのために出血がおこるのですが、腟や子宮腟部は修復する力が強いので特に治療を要することなく直ることがほとんどです。しかし性交… ▼続きを読む

Q:妊娠と診断されましたが流産や子宮外妊娠かどうかはっきりしないと言われました。とても心配です。(2010.07.04更新)
妊娠すると、胎盤から HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という物質が作られます。これが母体の血液中に入り、尿から排出されます。妊娠検査薬はこの HCG を検出するもので、hCG があれば妊娠していると… ▼続きを読む

Q:薬局で購入できる妊娠検査薬だけで妊娠がわかりますか?(2010.06.24更新)
妊娠検査薬で陽性に出ている場合には妊娠と考えていいのですが、正常の妊娠かどうかは婦人科での診察が必要です。正常ではない妊娠として、流産、子宮外妊娠、胞状奇胎が挙げられます。妊娠の初期の場合、本当は妊… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME