メニュー

風疹について

風疹はウイルスによる感染症で、発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。大人が風疹にかかった場合には関節の痛みがひどくなることも特徴と言われています。1 週間以上仕事を休まなければならない場合もあります。

妊婦、特に妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児に風疹ウイルスが感染し、難聴、先天性心疾患、白内障、精神や身体の発達の遅れ等の障害をもった赤ちゃんがうまれる可能性があります。先天性風疹症候群をもった赤ちゃんがこれらすべての障害をもつとは限らず、これらの障害のうちの一つか二つのみを持つ場合もあり、気づかれるまでに時間がかかることもあります。

当院で風疹に対する免疫が体にできているかどうかの検査や予防接種を受けることが可能です。妊娠をしている女性および妊娠している可能性がある女性はワクチンを受けることができません。ワクチン接種後は少なくとも2か月間の避妊が必要になります。

下記に記載している町田市の風疹助成制度を利用しない場合には公的医療保険適用外の診療となります(風疹抗体検査4400円、風疹ワクチン6350円、麻疹風疹混合ワクチン9890円)。

ご希望がある方は診察時に医師にご相談して下さい。

町田市の風疹助成について

19歳以上の町田市民で、妊娠を予定または希望する女性、その女性の配偶者などの同居者、 妊婦の配偶者などの同居者は町田市で行われている風疹抗体検査と予防接種の対象となります。予防接種を行うには、まず抗体検査が必要です。

ただし、風疹抗体検査については、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、明らかに予防接種記録のある方、検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方は対象となりません。

予防接種については、抗体検査事業の検査結果において低抗体者と判断された方、妊婦健診で低抗体価であった女性が出産後に接種を受ける方、自身で抗体検査を受けたケース等で低抗体価と確認できる方が対象となります。

町田市のホームページへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME