子宮鏡検査(子宮ファイバースコープ検査)について

子宮鏡検査とは

この検査は、細い内視鏡(子宮ファイバースコープ)を使用して子宮の内部を観察するものです。多くの患者様では、特に麻酔などは必要なく外来で検査を行うことができます。子宮の中に子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどが出来ていないかどうかを調べることができます。

子宮鏡検査はどのような患者様に行うのか

月経の出血が多い場合や不正出血がある場合、あるいは不妊症の患者様では、子宮の内腔(子宮内で妊娠する部分)が子宮筋腫や子宮内膜ポリープなど病気により、ゆがんだ形になっていることがあります。子宮鏡検査では直接子宮の中を観察できるので、より正確に診断することが出来ます。また子宮体癌や子宮内膜増殖症などの前癌病変の性状などを調べるためにこの検査を行うことがあります。

子宮鏡検査を行う時期について

子宮鏡検査は月経開始より10日目前後で行います。月経中は月経血により子宮内が観察できません。月経10日目以降の子宮内膜(子宮の中を裏打ちしている膜)が厚くなる時期になると病変があっても隠れてしまい、正しく診断できないことがあります。

子宮鏡下卵管通色素検査(選択的卵管通水)について

卵管の通過性が不良であると診断されている場合、子宮鏡下卵管通色素検査(選択的卵管通水)を行うことがあります。これは子宮鏡で卵管の出口を観察して、細い管を卵管の中に挿入することにより、卵管閉塞状態の診断及び治療を行います。

ページ上部に戻る