ご挨拶

院長:廣井 久彦「女性の皆様の身近な専門家として、健康的な生活のお手伝いをしていきたい」というのが当院のモットーです。

これまで、東京大学附属病院産婦人科やその関連病院で幅広い患者様の診察を行い、産婦人科医療の基礎から最新の技術までをしっかりと身につけてまいりました。その中で、特に生殖医療および女性の内分泌の専門医として、また、婦人科内視鏡技術認定医として、多くの女性の患者様の診察を行ってきました。

大病院ではできない、小さなクリニックだからこそできる親身な診療を行うことに努めてまいります。お困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

院長略歴

1992年

東京大学医学部医学科卒業
以後、東京大学附属病院産婦人科にて研修。稲田登戸病院産婦人科勤務

1999年 東京大学大学院医学系研究科(生殖発達加齢医学専攻)、博士号取得

以後東京大学附属病院産婦人科勤務、日立総合病院産婦人科勤務

2002年 米国ペンシルバニア大学に留学
2004年 帰国し、以後東京大学附属病院産婦人科勤務
2010年 ひろいウィメンズクリニック開業

所属学会

  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • 日本内分泌学会
  • アメリカ内分泌学会
  • アメリカ生殖医学会

資格

  • 医学博士
  • 帝京大学附属溝口病院産婦人科非常勤講師
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医

学会賞受賞

  • Society for Gynecologic Investigation 50th annual meeting (2003年) にて学会賞受賞
  • 平成16年度生殖内分泌学会学術奨励賞受賞
  • 平成20年度日本生殖医学会学術奨励賞受賞

メディア掲載

ページ上部に戻る