メニュー

患者さまからのご質問

こちらの内容については、以前ブログに書いていた内容を編集したものになります。

Q:妊娠したいと思っています。どのくらいの期間妊娠しなければ婦人科に受診すればいいでしょうか?(2010.07.13更新)
不妊症とは、「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、一定期間、性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合」と定義されています。この一定期間については国や地域により1年から2年と違いがあります。… ▼続きを読む

Q:早発閉経と診断されました。もう妊娠は無理なのでしょうか?(2010.07.12更新)
早発閉経(早発卵巣機能不全)は一般的に 40 歳未満の女性で、閉経と同じようなホルモン状態になったものと定義されています。早発閉経の発症頻度は 30 歳までで 0.1%、40 歳までで 1% 程度と… ▼続きを読む

Q:ダイエット後に生理がこなくなりました。(2010.07.11更新)
急速な体重の減少により月経がこなくなることがあります。これを体重減少性無月経といいます。無理なダイエットなどにより短期間に体重が減少すると、脳の中の視床下部という女性ホルモンの周期的な変動を調節して… ▼続きを読む

Q:月経不順で受診したら基礎体温をつけるように言われました。不規則な仕事で毎日つけられません。(2010.07.08更新)
基礎体温は、体温を変化させるようなことをしていない時の体温です。朝、目を覚ましてすぐ測る体温がそれにあたります。体温を変化させるものとしては、体を動かす、ものを食べたり飲んだりするなどが挙げられます… ▼続きを読む

Q:性交渉のあとに出血がありました。婦人科に受診した方がいいでしょうか?(2010.07.06更新)
性交渉により膣や子宮腟部(子宮の入り口の部分)に傷が出来ることがあります。そのために出血がおこるのですが、腟や子宮腟部は修復する力が強いので特に治療を要することなく直ることがほとんどです。しかし性交… ▼続きを読む

Q:人工授精を勧められました。調べてみると妊娠率が低いようです。他の治療の方がいいのでしょうか?(2010.07.05更新)
人工授精の一回あたりの妊娠率は5〜10%と言われています。一方で体外受精の一回あたりの妊娠率は25〜30%と言われています。この数字を単純に比較すると人工授精の方が明らかに妊娠率が低いので、心配され… ▼続きを読む

Q:妊娠と診断されましたが流産や子宮外妊娠かどうかはっきりしないと言われました。とても心配です。(2010.07.04更新)
妊娠すると、胎盤から HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という物質が作られます。これが母体の血液中に入り、尿から排出されます。妊娠検査薬はこの HCG を検出するもので、hCG があれば妊娠していると… ▼続きを読む

Q:子宮内膜症のチョコレートのう胞の手術後にピルの内服を勧められました。どうしてでしょうか?(2010.07.03更新)
子宮内膜症は子宮の中にある子宮内膜とよく似た組織が本来子宮内膜があるべき場所とは違う場所に出来てしまった病気と考えられます。卵巣にできると内部に古い血液がたまる卵巣のう胞(チョコレートのう胞)ができ… ▼続きを読む

Q:子宮筋腫の手術を受ける予定です。生理を止める治療を先に行うと言われました。(2010.07.01更新)
子宮筋腫は女性ホルモンの作用で大きくなることが知られています。また、女性ホルモンがでていない状態では子宮筋腫は小さくなることが知られています。子宮筋腫の手術の前に閉経と同じような状態、すなわち女性ホ… ▼続きを読む

Q:不妊治療で腹腔鏡手術を勧められました。どういう内容の手術を行うのですか?(2010.06.29更新)
不妊治療の腹腔鏡手術は下腹部に2から3カ所の小さな穴をあけて手術を行います。長期間の入院は不要で、退院後も自宅安静は基本的には必要ありません。手術の目的は以下の2つになります。(1) お腹の中に妊娠… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME