Q:不妊治療中に子宮鏡検査をしましょうと言われました。どのようなものでしょうか?

子宮鏡検査(子宮ファイバースコープ検査)は子宮の中に細いファイバースコープを挿入して、子宮の内部を調べる検査です。

子宮内膜(子宮の中の妊娠する部分)が子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの病気により変形していると着床障害の原因となることがあります。超音波検査で不妊症に対する影響についてある程度は診断できますが、子宮鏡検査はさらに正確に診断することが出来ます。

また、治療を続けても妊娠に至らない場合に着床障害の原因検索の目的で子宮鏡検査を行うことがあります。

卵管の通過性が不良である場合、卵管の出口に細い管を挿入することにより、卵管の閉塞の診断及び治療を行うことが可能です(卵管選択通水術)。