Q:子宮ファイバースコープ検査とはどのような検査なのでしょうか?

子宮ファイバースコープ検査は子宮鏡検査とも呼ばれます。細い内視鏡を子宮の中に入れて、子宮の内部を観察します。この検査は月経開始より10日目前後で行います。検査中にはある程度の下腹部痛がおこることがあります。

この検査により、子宮内膜ポリープ、子宮筋腫、子宮体癌や前癌病変の性状などがわかります。

医療機関によっては、事前に患者様の感染症(B・C型肝炎、梅毒、エイズなど)の有無を検査をおこなうことがあります。