Q:基礎体温で低温期と高温期の差がはっきりしません。無排卵なのでしょうか?

体温を変動させるようなことがおこっていない時の体温のことを基礎体温といいます。運動や食事や精神活動などをしていない時の体温を指し、この条件にかなった体温は朝起きてすぐに測った体温になるので、覚醒時体温とも言われます。生活の時間が安定して、十分に睡眠をとった後に測定するのが理想的です。

理想的に基礎体温が測定できた場合、排卵のある女性では低温期は 36.7 度より低く高温期では 36.7 度より高くなり、また低温期と高温期の温度差は 0.3 から 0.5 度くらいと言われています。

実際に基礎体温を測定しようとしても、理想的な条件で測定するのは難しいことが多いと思います。また基礎体温はある程度は体内のホルモン状態を反映しているとはいえ、ホルモンの変化そのものをみているのではないので、基礎体温だけで無排卵などのホルモン異常を診断できるわけではありません。

しかし、基礎体温で周期的な体温変化がなく月経も周期的にきていない場合には何らかの女性ホルモンの異常がおこっている可能性はあります。婦人科医に相談し、必要なら詳しい検査を受けることをお勧めします。