Q:排卵期出血とはどういうものですか?

排卵期出血は中間期出血とも呼ばれます。月経周期が28日周期の方ですと、おおよそ排卵の時期は月経開始14日目前後になると考えられます。この時期には卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用により、子宮内膜(子宮の中の膜、受精卵が着床する場所)が厚くなります。

排卵の時期には一時的に卵胞ホルモンの分泌が減少します。それに伴って、子宮内膜の一部から出血がおこることがあり、これを排卵期出血といいます。一時的な出血であり出血量が多くなければ特に治療は不要と考えられます。