Q:卵巣のう腫で腹腔鏡手術を勧められました。お腹には傷は残るのでしょうか?

腹腔鏡手術では開腹手術に比べて小さな手術創で手術を行います。下腹部のどの部位から腹腔鏡手術の器具を入れるのかは、手術を行う施設や患者様の病気の状態により違います。

一般的にはおへその上あるいは下に1cm前後の手術創を作り、そこからスコープを挿入します。下腹部に2から3カ所に小さな穴をあけて、手術で使う器具(鉗子といいます)を挿入して手術を行います。鉗子の太さには10mm、5mm、3mmがあり、それぞれ使い分けることになります。病気の部分が大きい場合には手術創を3cmくらいまで広げることもあります。

最近では、単孔式腹腔鏡手術(全ての鉗子をおへその部分から入れる方法の手術)が行われるようになってきました。この手術ではおへその内部を切るので、手術創はおへその中に隠れることになります。患者様によっては手術後の手術創がどこにあるのか分からない状態になります。ただし、単孔式腹腔鏡手術は全ての病気に行えるわけではありません。