Q:早発閉経と診断されました。もう妊娠は無理なのでしょうか?

早発閉経(早発卵巣機能不全)は一般的に 40 歳未満の女性で、閉経と同じようなホルモン状態になったものと定義されています。早発閉経の発症頻度は 30 歳までで 0.1%、40 歳までで 1% 程度と報告されています。原因はまだ分かっていませんが、自己免疫疾患との関連が示唆されています。

以前は早発閉経の女性の卵巣機能は戻ることはないと考えられてきました。しかし、その後の調査で、早発閉経と診断された女性のおよそ半数程度に時々自然の月経がおこることがあるということがわかりました。また、早発閉経と診断された女性のうち 5-10% に妊娠例があることが報告されています。

早発閉経と診断された女性が妊娠を目指す場合には、排卵誘発剤などのホルモン剤の使用が必要なこと多いと思います。早めに婦人科医師にご相談されるといいと思います。