Q:予定している旅行中に生理がきそうなのですが、薬でずらせると聞きました。

内服薬あるいや注射薬を用いて月経がおこる日を変更することは可能です。旅行や試験などと月経が重なる可能性がある時に月経変更を希望される方が多いです。これは保険がきかないため私費の治療になります。費用は医療機関によって違います。

月経を旅行などの予定の前にずらすか、あるいは後ろにずらすかは、患者様の受診した日やどのくらいの期間月経がこないようにしたいかなどにより違ってきます。次にくる月経の1ヶ月以内に受診された場合には後ろにずらすことになると思います。

内服薬を用いる場合には月経を止めておける期間をある程度は調節できますが、注射の場合には期間を長くするためには何回か受診していただく必要があります。内服薬の場合には、吐き気などの症状がでることがありますが、注射薬の場合にはそのような症状はありません。どちらにするかは、月経をずらす期間や副作用について相談した上で決定します。

これらの薬剤を使用していても、少量の出血やおりものなどが出ることがあります。また、内服薬を飲み忘れると、月経が始まってしまうことがあるので、注意が必要です。