Q:婦人科検診を受けたら子宮筋腫があると言われました。手術を受けなくてはいけないでしょうか?

子宮筋腫は子宮の筋層の中に出来る塊のようなもので良性の腫瘍です。およそ3割くらい女性は筋腫をもっていると言われています。癌や肉腫のような悪性の病気ではありません。筋腫が見つかったら必ずしも手術が必要という訳ではありません。

筋腫があることによって、健康上あるいは生活上問題が生じている場合に手術を考えます。筋腫により子宮内膜(子宮の中の膜)が変形すると、月経の量が多くなったり、不妊症の原因となったりします。また、子宮内膜の変形がなかったとしても大きさが大きい場合に、子宮の周りの臓器(膀胱や腸など)を圧迫して、頻尿、尿漏れ、排尿障害、腹部圧迫感などがおこることがあります。このような場合に手術を行うことをお勧めします。

閉経の年齢に至るまでは、女性ホルモンの作用により子宮筋腫は大きくなります。筋腫が見つかった時点では特に何も症状がなくても、時間の経過とともに症状が現れることがあります。定期的に受診して、症状や筋腫の変化をフォローしていく必要があります。