Q:不妊の検査はこわいイメージがあります。痛い検査が多いのでしょうか?

不妊症の原因を確認するには複数の検査が必要になります。必要な検査を行わないと、適切な治療を選択できなくなります。

不妊症の検査の中で、特に痛みを伴うものは卵管の通過性を確認する検査だと思います。痛みの感じ方は人によって違うので、確実なことは言えませんが、検査の時は痛いけど我慢できるレベルで、検査後は痛みが落ち着くという方が多いようです。あまりにも痛みが強くて検査を行えなくなる方もいらっしゃいますが、むしろまれだと思います。逆に同じくらいまれなのですが、全く痛くなかったという患者様もいらっしゃいます。痛みについては相談の上、痛み止めを使用しながら検査を行うこともありますから、遠慮なくご相談されればいいと思います。

子宮鏡(子宮ファイバースコープ)も痛みを伴うことがありますが、これは不妊症の患者様の全員に行うわけではありません。ホルモン検査などは血液の検査になりますが、針を刺すときに痛みを生じます。